国内外ニュース

パキスタン新首相選出 与党の前石油相

 1日、パキスタンの首都イスラマバードにある下院に到着したシャヒド・カカーン・アバシ氏(ロイター=共同)  1日、パキスタンの首都イスラマバードにある下院に到着したシャヒド・カカーン・アバシ氏(ロイター=共同)
 【イスラマバード共同】パキスタン首相のナワズ・シャリフ氏が最高裁に下院議員資格を剥奪され失職したことを受け、同国下院(定数342)は1日、過半数を占める与党パキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派=PML(N)=のシャヒド・カカーン・アバシ前石油・天然資源相(58)を首相に選び、アバシ氏は同日夜、就任した。アバシ氏は前首相の「忠臣」で、政策を継承する。

 選出後、アバシ氏は下院で演説し、経済の改善と税収の増加を目指すなどと表明。不正資金疑惑に絡んで失職を判断した最高裁を批判し、前首相について「汚職にまみれたこともなく、責任もない」と擁護した。

(8月2日0時56分)

国際(8月2日)