国内外ニュース

ボルト「俺が今も一番速い」 世界陸上、引退レースへ自信

 「永遠に最速」のボード前でおなじみのポーズを取るウサイン・ボルト=1日、ロンドン(ゲッティ=共同)  「永遠に最速」のボード前でおなじみのポーズを取るウサイン・ボルト=1日、ロンドン(ゲッティ=共同)
 【ロンドン共同】陸上男子のスーパースターで、4日(日本時間5日未明)に開幕する世界選手権で現役を引退するウサイン・ボルト選手が1日、開催地のロンドンで会見し「間違いなく俺が今も一番速い」と最後の舞台に自信をのぞかせた。

 100メートルと200メートルの世界記録を持ち、五輪で両種目を3連覇したボルト選手は帽子にTシャツのカジュアルな装い。今季の最高タイムは9秒95とやや物足りないが「何度もこの舞台に立ってきた。準備はできている」と強調。

 21日で31歳となるボルト選手は、100メートルで大会単独最多となる4度目の優勝と400メートルリレーでの5連覇を狙う。

(8月2日7時40分)

国際大会(8月2日)