国内外ニュース

FBI長官にレイ氏承認 米上院、独立性を重視

 クリストファー・レイ氏(ロイター=共同)  クリストファー・レイ氏(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】米上院本会議は1日、トランプ米大統領が5月に解任したコミー前連邦捜査局(FBI)長官の後任に指名したクリストファー・レイ元司法次官補の人事を賛成92対反対5の圧倒的多数で承認した。

 米大統領選干渉疑惑「ロシアゲート」捜査を指揮していたコミー氏は解任後に議会公聴会で、トランプ氏に忠誠を求められ、側近の捜査中止を要請されたなどと証言し波紋を広げた。

 レイ氏は7月の指名承認公聴会でFBIの独立性を維持できるのか議員から問われ、大統領に「忠誠」を誓うことはないと明言。モラー特別検察官が現在統括する疑惑捜査への支援を表明した。

(8月2日8時20分)

国際(8月2日)