国内外ニュース

台風5号、ゆっくり接近 九州上陸の可能性も

 台風5号の予想進路(2日9時現在)  台風5号の予想進路(2日9時現在)
 非常に強い台風5号は2日、日本の南の海上をゆっくりと北北西に進んだ。気象庁の進路予想では4日から5日にかけて沖縄・奄美に接近し、その後、九州に上陸する可能性もある。気象庁は付近の海上では、うねりを伴った高波に注意するよう呼び掛けている。

 台風5号は2日正午現在、時速約10キロで北北西へ進んでいる。中心の気圧は940ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心から半径110キロ以内は風速25メートル以上の暴風域になっている。

(8月2日13時21分)

社会(8月2日)