国内外ニュース

東電、屋根カバー設置作業を公開 福島第1原発3号機

 東京電力福島第1原発3号機の原子炉建屋上部に設置される屋根カバーの部材=2日午前(代表撮影)  東京電力福島第1原発3号機の原子炉建屋上部に設置される屋根カバーの部材=2日午前(代表撮影)
 東京電力は2日、福島第1原発3号機の使用済み核燃料プールからの燃料取り出しに向け、原子炉建屋上部を覆う屋根カバーの設置作業を公開した。18年度半ばを目指している燃料取り出し作業で、放射性物質の飛散などを防ぐために設置する。

 屋根カバーは16個の部材を組み立て、完成すると、かまぼこのような形になる。高低差が約18m、縦約23m、横約57mとなる予定だ。

 この日は午前5時から作業を開始。全体で2個目に当たる部材を大型クレーンでつり上げ、設置済みの部材と対になるように置いた。原子炉建屋上部の作業場の空間放射線量は毎時500マイクロシーベルトだった。

(8月2日11時10分)

科学・環境(8月2日)