国内外ニュース

小池都知事、五輪や高齢者に重点 就任2年目へ訓示

 庁議で訓示する小池百合子知事=2日午前、東京都庁  庁議で訓示する小池百合子知事=2日午前、東京都庁
 東京都の小池百合子知事は就任から1年を迎えた2日、都庁で幹部を集めた庁議を開き、訓示で3年後に迫った東京五輪・パラリンピックの準備加速などを指示した。2025年から東京でも人口減少が始まることを見据え、知事として2年目は高齢者対策に力を入れる考えも示した。

 この日の登庁時、報道陣の取材に「待機児童対策を1年目に手掛けた。2年目は逆に高齢者対策に種をまきたい」と語った小池知事。庁議では「東京大改革の幅広い取り組みが前に進みつつある。種を芽吹かせる段階に入り、都民の希望と共に大きく育てていきたい」と訓示した。

 当面の課題として五輪準備加速など3項目を指示。

(8月2日13時10分)

社会(8月2日)