国内外ニュース

水俣病患者が第1回締約国会議へ 水銀被害撲滅訴え9月訪欧

 水俣条約の第1回締約国会議に合わせジュネーブを訪れる胎児性水俣病患者の坂本しのぶさん=6月、熊本県水俣市  水俣条約の第1回締約国会議に合わせジュネーブを訪れる胎児性水俣病患者の坂本しのぶさん=6月、熊本県水俣市
 熊本県水俣市の胎児性水俣病患者の坂本しのぶさん(61)が、水銀被害の撲滅を訴えるために「水銀に関する水俣条約」の第1回締約国会議に合わせ、開催地のスイスを9月に訪問することが2日、分かった。会議の公式行事や関連イベントに出席する方向で調整している。

 坂本さんは15歳だった1972年にスウェーデンを訪れ、国連人間環境会議の関連イベントで「水俣病を繰り返すな」と世界に向けて発信したことで知られる。一緒に訪問した認定患者の母フジエさん(92)は「この子を見てください」と訴えたという。

 締約国会議は9月24~29日にスイス・ジュネーブで開催される。

(8月2日12時21分)

社会(8月2日)