国内外ニュース

磁気テープ記録容量20倍に ソニーが開発、映画8万本分

 ソニーは2日、記録媒体として近年再評価されている磁気テープの容量を飛躍的に高める新技術を開発したと発表した。映画なら約8万本分に相当する約330テラバイト(テラは1兆)と、従来技術の約20倍のデータを記録できるという。

 世界で流通するデータ量は人工知能(AI)の進化などで増え続け、2020年には13年の約10倍に達するとの予測もある。重要データの消失をどう防ぐかが課題で、保存可能期間の長さやコストの低さから、オーディオカセットやVHSビデオで知られる磁気テープが脚光を浴びている。新技術は、米IBMの研究所と手掛けた。

(8月2日16時16分)

経済(8月2日)