国内外ニュース

米大統領「犯罪者は乱暴に扱え」 トランプ氏演説に警察反論

 米東部ニューヨーク州で、警察当局者らに向けて演説するトランプ大統領=7月28日(ロイター=共同)  米東部ニューヨーク州で、警察当局者らに向けて演説するトランプ大統領=7月28日(ロイター=共同)
 トランプ米大統領が最近、東部ニューヨーク州で警察当局向けに行った演説で「犯罪者は乱暴に扱え」と暴力を奨励するような発言をして、波紋を広げている。ホワイトハウスは「ジョークだった」と釈明しているが、全米の警察当局者から非難が噴出している。

 問題の演説が行われたのは7月28日。米国で殺人や誘拐を頻繁に起こしている中米の麻薬犯罪組織「MS13」壊滅への取り組みを訴えるのが目的だったが、トランプ氏は容疑者を「けだもの」と呼び「チンピラどもは乱暴に扱えばいい」と呼び掛けた。(ワシントン共同)

(8月2日16時26分)

国際(8月2日)