国内外ニュース

福岡でも小5男児ヘビ被害 川遊び中かまれ5日間入院

 福岡県宮若市で7月25日、川遊びをしていた同県飯塚市の小学5年の男児がヘビに手の指をかまれ、5日間入院したことが2日分かった。現在は回復し、命に別条はない。男児が通う小学校によると、毒ヘビとみられるが種類は不明という。

 男児は家族と訪れた千石峡で体長1メートルほどのヘビを見つけて触り、親指をかまれたという。母親が病院に連れて行き、集中治療室で手当てを受け、そのまま入院。同29日に退院した。

 兵庫県では7月29日、伊丹市の小学5年の男児が毒ヘビのヤマカガシとみられるヘビにかまれ、一時意識不明の重体となった。

(8月2日16時26分)

社会(8月2日)