国内外ニュース

総連に910億円支払い命令 東京地裁、整理回収機構への債務

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が貸付金などの大半を返済していないとして、債権者の整理回収機構(東京)が利息を含む約910億円の返済を求めた訴訟の判決で、東京地裁は2日、全額の支払いを命じた。

 経営破綻した在日朝鮮人系信用組合から不良債権を譲り受けた整理回収機構は05年、「多くは実質的に朝鮮総連への融資だった」として約627億円の返済を求め提訴。東京地裁は07年6月、全額の返済を命じる判決を言い渡し、同年7月に確定した。

 整理回収機構は強制執行などで一部を回収したが、約570億円が未払いのため、債権の消滅時効の進行を中断させる目的で今年6月に提訴した。

(8月2日16時36分)

社会(8月2日)