国内外ニュース

バスケ女子は岐阜女が初V 全国高校総体第6日

 桜花学園を破り優勝を決め、喜ぶ岐阜女の選手たち=あづま総合体育館  桜花学園を破り優勝を決め、喜ぶ岐阜女の選手たち=あづま総合体育館
 全国高校総体(インターハイ)第6日は2日、福島県営あづま総合体育館などで13競技が行われ、バスケットボール決勝の女子は岐阜女が6連覇を狙った桜花学園(愛知)を61―55で破り、初優勝した。男子は福岡大大濠が明成(宮城)に61―60で競り勝ち、3年ぶり4度目の頂点に立った。

 陸上女子100メートル障害は吉田唯莉(石川・小松商)が13秒68で制し、男子110メートル障害は勝田築(島根・開星)が14秒19で勝った。男子円盤投げは中村美史(兵庫・市尼崎)が49メートル64で優勝、ハンマー投げとの2冠を達成した。

(8月2日19時07分)

スポーツ(8月2日)