国内外ニュース

「やまゆり園」利用者の分散提言 建て替えは小規模、神奈川県部会

 昨年7月に相模原殺傷事件が起きた知的障害者施設「津久井やまゆり園」の在り方を検討する、神奈川県障害者施策審議会の部会は2日、現在地と横浜市内に小規模施設を整備し、既存の県立障害者施設も活用する「分散型」で、全利用者131人分の居室を確保するとの提言を取りまとめた。

 県は部会の提言を踏まえ、入所者家族や障害者団体などから改めて意見を聞き、9月にもやまゆり園の「再生基本構想」を策定する方針。

 提言は「現在の障害福祉施策では、入所施設は小規模化している」と指摘。グループホームなどを利用する地域移行の重要性を強調した。

(8月2日19時35分)

社会(8月2日)