国内外ニュース

青森ねぶた祭が開幕 武者灯籠、夏の夜彩る

 夏の夜を彩る「青森ねぶた祭」が開幕し、太鼓や笛の音が鳴り響く中、通りを練り歩く極彩色のねぶた=2日夜、青森市  夏の夜を彩る「青森ねぶた祭」が開幕し、太鼓や笛の音が鳴り響く中、通りを練り歩く極彩色のねぶた=2日夜、青森市
 巨大な武者灯籠が街を練り歩き、夏の夜を彩る「青森ねぶた祭」が2日、青森市で開幕した。「ハネト」と呼ばれる踊り手が乱舞する中、色鮮やかなねぶたが行進し、大勢の観客を盛り上げた。

 午後7時すぎ、約3キロのコースに配された25台のねぶたが一斉に動きだし、浴衣姿のハネトたちが「ラッセラー」の掛け声を上げて踊り始めた。大型ねぶたは高さ約5メートル、重さ約4トン。約30人の引き手が力を合わせて回転させると、沿道から大きな歓声が上がった。

 7日までの期間中、実行委員会は270万人以上の人出を見込んでいる。

(8月2日20時27分)

暮らし・話題(8月2日)