国内外ニュース

おけでくつろぐクマ話題に、札幌 円山動物園

 水飲み場として設置されたステンレスのおけに入り、くつろぐヒマラヤグマの「トモ」=5月、札幌市の円山動物園  水飲み場として設置されたステンレスのおけに入り、くつろぐヒマラヤグマの「トモ」=5月、札幌市の円山動物園
 札幌市の円山動物園で、水飲み場として設置されたステンレスのおけに体をすっぽり入れ、脚を投げ出してくつろぐ2頭のヒマラヤグマが話題になっている。同園の担当者は「家でごろごろ過ごす人間のような姿を楽しんでほしい」と話す。

 クマはいずれも体長1・6メートルほどの雌で、22歳の「ミナミ」と19歳の「トモ」。縦約1メートル、横約50センチ、深さ約30センチのおけの中がお気に入りだ。おけから水を抜いた昨年末ごろから1頭ずつ入るようになり、互いに譲り合うこともある。

 頭や脚をかいたり、あくびをしたり、人目を気にせずだらだら過ごす姿に、来園者からは笑い声が漏れる。

(8月3日8時36分)

暮らし・話題(8月3日)