国内外ニュース

台風5号、沖縄に接近 九州縦断の可能性も

 台風5号の予想進路(3日9時現在)  台風5号の予想進路(3日9時現在)
 非常に強い台風5号は3日、日本の南の海上を北寄りに進んだ。4日から沖縄地方に接近する見込みで、その後、進路を変えて九州を縦断する可能性もあり、気象庁は今後の台風情報に注意するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、台風5号は3日午前9時現在、時速約15キロで北北西に進んでいる。中心の気圧が945ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径110キロ以内は風速25メートル以上の暴風域になっている。

 気象庁の3日現在の予想進路では九州縦断後、中国地方に進み、日本海に抜ける見通し。

(8月3日11時01分)

社会(8月3日)