国内外ニュース

准看護師「睡眠剤は家から持参」 増員案に不満か、千葉

 千葉県印西市の老人ホームの睡眠導入剤混入事件で、交通事故で死亡した同僚の山岡恵子さん=当時(60)=への殺人容疑などで再逮捕された准看護師波田野愛子容疑者(71)が、一連の事件で導入剤を「自宅から施設に持ってきて飲み物に混ぜた」と供述していることが3日、捜査関係者への取材で分かった。

 一方、関係者によると、山岡さんは今年初め容疑者の年齢などを理由に看護師の増員を施設側に提案。これまで看護職を1人で担当していた容疑者は、施設側から提案を聞いて不満を抱いていたとみられるという。

 県警は容疑者が一方的に恨みを募らせていた疑いもあるとみて動機を慎重に調べている。

(8月3日10時16分)

社会(8月3日)