国内外ニュース

護送車衝突で重体の容疑者死亡 佐賀、中央線はみ出す

 大型トレーラーと衝突した佐賀県警の護送車=2日午後、佐賀県警小城署  大型トレーラーと衝突した佐賀県警の護送車=2日午後、佐賀県警小城署
 佐賀県警の護送車と大型トレーラーが正面衝突した事故で、護送中で意識不明の重体となっていた同県唐津市の河上洋一容疑者(66)=殺人未遂容疑で送検=が3日午前、搬送先の病院で死亡した。県警は同日、捜査の結果、護送車が中央線をはみ出していたことが分かったと明らかにした。

 県警の牧瀬義昭監察課長は「護送中の警察車両による交通事故で被害者が亡くなったことは誠に遺憾だ。指導を徹底する」とのコメントを出した。

 事故は、2日午後2時20分ごろ同県小城市の国道203号で発生。河上容疑者のほか、護送車を運転していた県警職員と、トレーラーの運転手ら4人が重軽傷を負った。

(8月3日12時02分)

社会(8月3日)