国内外ニュース

米軍施設でテロ対処訓練、警視庁 マシンガン乱射を想定

 テロ対処訓練でテロリストと対峙する警視庁の緊急時初動対応部隊=3日午前、東京都港区のニューサンノー米軍センター  テロ対処訓練でテロリストと対峙する警視庁の緊急時初動対応部隊=3日午前、東京都港区のニューサンノー米軍センター
 警視庁は3日、東京都港区の米軍施設「ニューサンノー米軍センター」で、武装したテロリストが侵入したと想定し、対処訓練を実施した。同センターは米軍関係者の宿泊所や保養所で「ニュー山王ホテル」とも呼ばれ、普段は関係者以外の立ち入りが厳しく制限されている。テロ対処訓練が行われるのは初めて。

 訓練には、付近にある各国の大使館の関係者も含め、約170人が参加。テロリスト役の2人がバスジャックして同センターに乗り込み、人質を取ってマシンガンを発砲すると、警視庁麻布署とテロの初動対応に当たる緊急時初動対応部隊(ERT)が警備犬と一緒に制圧した。

(8月3日13時00分)

社会(8月3日)