国内外ニュース

広島で原水協系大会始まる 「核兵器禁止条約を歓迎」

 原水協系の原水爆禁止世界大会初日に開かれた国際会議=3日午後、広島市  原水協系の原水爆禁止世界大会初日に開かれた国際会議=3日午後、広島市
 原水爆禁止日本協議会(原水協)系の原水爆禁止世界大会が3日、広島市で始まった。「核兵器禁止条約を力に 核兵器のない平和で公正な世界の実現を」がテーマ。初日の国際会議には約20カ国の被爆者や核実験被害者、平和団体のメンバーら約230人が参加し、7月に国連で採択された核兵器禁止条約を歓迎する発言が相次いだ。

 国際会議の冒頭、条約採択を現地で見届けた日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の藤森俊希事務局次長(73)があいさつ。採択の瞬間を振り返り「原爆で命を絶たれた人々、『再び被爆者をつくるな』と訴え続けて志半ばで倒れた先達のことが頭に浮かんだ」と述べた。

(8月3日16時51分)

社会(8月3日)