国内外ニュース

首相、秋の改憲案提示先送り 衆院解散は「白紙」

 皇居での認証式に向かう(右から)総務相に決まった野田聖子氏、官房副長官に決まった西村康稔氏、農相に決まった斎藤健氏=3日午後、首相官邸  皇居での認証式に向かう(右から)総務相に決まった野田聖子氏、官房副長官に決まった西村康稔氏、農相に決まった斎藤健氏=3日午後、首相官邸  改造内閣発足を受けた記者会見で、「加計学園」問題などに触れ頭を下げる安倍首相=3日午後、首相官邸  改造内閣発足を受けた記者会見で、「加計学園」問題などに触れ頭を下げる安倍首相=3日午後、首相官邸  第3次安倍第3次改造内閣の初閣議を終え、記念撮影に臨む安倍首相(前列中央)と閣僚ら=3日午後、首相官邸  第3次安倍第3次改造内閣の初閣議を終え、記念撮影に臨む安倍首相(前列中央)と閣僚ら=3日午後、首相官邸
 第3次安倍第3次改造内閣は3日午後、皇居での認証式を経て発足した。安倍晋三首相は官邸で記者会見し、自ら提唱した改正憲法の2020年施行目標や秋の臨時国会での自民党改憲案提示について「議論を深めるべきだと一石を投じた。スケジュールありきではない」と固執しない考えを示した。事実上の先送りを表明した形だ。年内の衆院解散・総選挙の可能性を問われ「全く白紙だ」とした。学校法人「加計学園」問題などにより国民の不信を招いたとして陳謝した。

 自民党の萩生田光一幹事長代行は、改憲日程を巡る首相発言について「臨時国会で(の提示)ということを軌道修正した」と記者団に明言した。

(8月4日1時01分)

政治(8月4日)