国内外ニュース

オリックス、奥浪の契約解除 免停中の5月に事故

 オリックス・奥浪の契約解除について、報道陣に説明する長村裕之球団本部長(右端)=京セラドーム  オリックス・奥浪の契約解除について、報道陣に説明する長村裕之球団本部長(右端)=京セラドーム
 オリックスは3日、奥浪鏡内野手(21)との契約を解除したと発表した。運転免許停止中の5月22日に大阪市内で乗用車を運転して2人乗りのバイクと接触事故を起こし、球団から無期限の謹慎処分を言い渡されていた。

 長村裕之球団本部長は、シーズン終了後に戦力外通告する方針だったことを明かし、「次の人生に向けた準備を一日でも早くしたいということだった。本人の意向も踏まえた」と説明した。奥浪内野手は2014年に岡山・創志学園高からドラフト6位で入団。昨季は15試合に出場したが、今季1軍出場はなかった。

(8月3日17時21分)

プロ野球(8月3日)