国内外ニュース

幹事長「足元固め、反転攻勢に」 今後の党運営に決意

 自民党の二階俊博幹事長は3日の記者会見で、今後の党運営に関し「しっかり党をまとめる努力をしたい。一歩一歩足元を固め、反転攻勢に出るべく全力を尽くしたい」と決意を示した。

 岸田文雄政調会長は「政策面で一つ一つ成果を上げ、党の信頼回復に努力したい。引き続き安倍内閣を支えていくことが私の役割だ」と強調した。

 塩谷立選対委員長は「1年数カ月以内に衆院解散があり、新しい区割りでの選挙になる。しっかり態勢を整えたい」と表明。竹下亘総務会長は「活発に(党内で)議論しながら、必ず一定の結論を出す。一つ一つ問題を乗り越えていきたい」と述べた。

(8月3日18時00分)

政治(8月3日)