国内外ニュース

第3次改造内閣が発足 野田総務相、河野外相

 入閣が決まり、首相官邸に入る河野太郎氏(左)、野田聖子氏=3日午後  入閣が決まり、首相官邸に入る河野太郎氏(左)、野田聖子氏=3日午後
 第3次安倍第3次改造内閣が3日夕、発足した。安倍晋三首相(62)は総務相に、郵政相などを歴任した野田聖子自民党元総務会長(56)、外相に河野太郎前行政改革担当相(54)を充てた。19閣僚のうち、麻生太郎副総理兼財務相(76)や菅義偉官房長官(68)ら5人が留任した。女性閣僚は改造前と同じ2人。初入閣は6人となった。

 防衛相に小野寺五典党政調会長代理(57)、法相に上川陽子元法相(64)がそれぞれ再登板した。文部科学相に林芳正元農相(56)、五輪相に鈴木俊一元環境相(64)、経済再生担当相に茂木敏充党政調会長(61)が就任した。茂木氏は政権の看板政策「人づくり革命」担当相を兼務する。

 厚生労働相には加藤勝信1億総活躍担当相(61)が閣内で横滑りした。拉致問題と働き方改革の担当相も兼ねる。

 農相に斎藤健農林水産副大臣(58)、環境相に中川雅治自民党参院議員副会長(70)、国家公安委員長兼防災担当相に小此木八郎党国対委員長代理(52)、沖縄北方担当相に江崎鉄磨元国土交通副大臣(73)、1億総活躍担当相に松山政司党参院国対委員長(58)、地方創生担当相に梶山弘志党政調会長代理(61)がそれぞれ初入閣した。

 世耕弘成経済産業相(54)、吉野正芳復興相(68)、公明党の石井啓一国交相(59)は留任した。

(8月3日18時06分)

政治(8月3日)