国内外ニュース

世界陸上、5日未明開幕 初日に男子100メートル予選

 【ロンドン共同】陸上の世界選手権は4日(日本時間5日未明)にロンドンで開幕する。第1日は男子100メートル予選などが行われ、サニブラウン・ハキーム(東京陸協)ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)多田修平(関学大)が出場。今大会で現役引退するウサイン・ボルト(ジャマイカ)も唯一の個人種目として臨み、単独最多4度目の優勝を狙う。準決勝と決勝は第2日に行われる。

 男女のマラソンはともに6日に実施。日本勢は女子が安藤友香(スズキ浜松AC)ら、男子は川内優輝(埼玉県庁)らが走る。昨年のリオデジャネイロ五輪で日本が銀メダルの男子400メートルリレーは12日に予選と決勝がある。

(8月3日18時31分)

国際大会(8月3日)