国内外ニュース

陸幕長、「国民に疑念」と陳謝 日報隠蔽問題

 記者会見で頭を下げる岡部俊哉陸上幕僚長=3日午後、防衛省  記者会見で頭を下げる岡部俊哉陸上幕僚長=3日午後、防衛省
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽問題について、岡部俊哉陸上幕僚長は3日の定例記者会見で「陸上自衛隊の不適切な対応により、国民の皆さまに多大な疑念を抱かせてしまった。痛切に受け止め、深くおわび申し上げる」と陳謝した。7月28日に公表された特別防衛監察結果は陸自が隠蔽を主導し、事務方が追認したという構図を示している。

 監察結果は、防衛相を辞任した稲田朋美氏に日報データがあったことを報告したとの陸自側の主張に反し「(稲田氏が)日報のデータ保管の報告を受けた可能性を否定できない」との結論にとどめた。岡部氏は「適切かつ公正に検証された」と述べた。

(8月3日18時31分)

社会(8月3日)