国内外ニュース

高校総体、バド女子で高橋が3冠 第7日

 女子シングルスで優勝を決めガッツポーズするふたば未来学園・高橋明日香。ダブルス、団体と合わせ3冠に輝いた=新庄市体育館  女子シングルスで優勝を決めガッツポーズするふたば未来学園・高橋明日香。ダブルス、団体と合わせ3冠に輝いた=新庄市体育館
 全国高校総体(インターハイ)第7日は3日、山形県の新庄市体育館などで8競技が行われ、バドミントン女子シングルスは高橋明日香(福島・ふたば未来学園)が優勝、由良なぎさと組んだダブルスも制し、団体と合わせて3冠に輝いた。女子の3種目制覇は2008年の松友美佐紀以来。

 男子シングルスは大林拓真(埼玉栄)が決勝で奈良岡功大(青森・浪岡)を退けて優勝、ダブルスは金子真大、久保田友之祐組(福島・ふたば未来学園)が勝った。

 サッカーは準決勝が行われ、男子は昨年2位の流通経大柏(千葉)と、日大藤沢(神奈川)が4日の決勝に進出した。

(8月3日18時51分)

スポーツ(8月3日)