国内外ニュース

東芝、WDへの情報遮断を再解除 四日市の半導体工場巡り

 東芝は3日、半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却で対立する米ウエスタン・デジタル(WD)に対する情報遮断を再び解除したと明らかにした。米カリフォルニア州の控訴裁判所が遮断を求める東芝の申し立てを却下したため。

 東芝は三重県四日市市の半導体工場を共同運営するWDが機密情報を不正に取得しているとして、6月28日に製品開発の情報に接触できないよう通信を遮断した。その後、米裁判所が出した決定に基づき一時的に解除したが、別の決定に基づいて7月19日から再び遮断していた。

 東芝によると、解除対象は製品開発などに関する情報の一部。

(8月3日19時16分)

経済(8月3日)