国内外ニュース

韓国、歴史問題で軟化期待も 河野外相に注目

 【ソウル共同】安倍内閣の改造について韓国では3日、従軍慰安婦問題で日本軍の関与を認めた1993年の官房長官談話を出した河野洋平氏の長男、太郎氏の外相起用が注目され、歴史問題で日本が軟化するのではないかとの期待が出た。

 韓国メディアは、憲法改正について安倍晋三首相が3日の記者会見で「スケジュールありきではない」と述べたことを相次いで速報。内閣支持率が下落する中、「改憲を強く押し出すには苦しい状況」(KBS)との見方もあった。

 複数のメディアは、河野太郎氏について韓国との縁が深いことを紹介しながら、過去に小泉純一郎首相の靖国神社参拝を批判したことを報じた。

(8月3日21時21分)

国際(8月3日)