国内外ニュース

日報隠蔽10日に衆院閉会中審査 与野党合意、稲田氏招致は平行線

 与野党は3日、南スーダンPKO部隊の日報隠蔽問題を巡り、衆院安全保障委員会の閉会中審査を10日に実施することで合意した。同委の与野党筆頭理事が3日確認した。4日の理事懇談会で正式決定する。ただ防衛相を辞任した稲田朋美氏の参考人招致については、主張は平行線のままだったことから、自民、民進両党の国対委員長会談を同日に開き、詰める。

 与野党筆頭理事による協議では、10日に閉会中審査を行い、質疑時間は与党側が20分、野党側が3時間で一致した。稲田氏に関しては、隠蔽問題の徹底した審議には招致が不可欠とする野党に対し、与党は拒否の姿勢を崩さず、結論が出なかった。

(8月3日21時31分)

政治(8月3日)