国内外ニュース

韓国元外相の帰国を支援、高知県 旅行中に緊急手術

 韓国の崔成泓・元外交通商相  韓国の崔成泓・元外交通商相
 韓国の崔成泓・元外交通商相(78)が7月上旬、高知県を旅行中に脳内出血で一時重体となり、高知医療センター(高知市)で緊急手術を受けて容体が安定、3日に無事帰国した。病院はセンターから救急車で関西空港まで約330キロ移送し、韓国側に引き継いだ。

 高知県は2016年に韓国の全羅南道と姉妹交流協定を結び、韓国との草の根交流も盛んだ。「できる限りのことをしよう」(尾崎正直知事)と異例の支援に踏み切った。

 崔氏は02年2月から1年間、金大中政権で外交通商相を務めた。関係者によると、今年7月7日午前、高知県南国市のホテルの自室で意識不明の状態で発見された。

(8月4日0時07分)

社会(8月4日)