国内外ニュース

米機、22州で機体一筆書き ボーイングがテスト飛行

 ボーイングの航空機が描いた一筆書きの軌跡(フライトレーダー24のツイッターより・共同)  ボーイングの航空機が描いた一筆書きの軌跡(フライトレーダー24のツイッターより・共同)
 【ニューヨーク共同】米航空機大手のボーイングの航空機が、米国上空でのテスト飛行で22州を飛んで自らの機体の輪郭を「一筆書き」し、話題を集めている。米紙ワシントン・ポスト(電子版)が3日報じた。

 この航空機はボーイング「787―8」。テスト飛行のため西部ワシントン州シアトルの空港を離陸し、18時間後に同じ空港に戻った。世界中の航空機を追跡している民間ネットワーク「フライトレーダー24」がツイッターに軌跡を投稿し、一気に話題となった。

 ボーイングの広報担当者は同紙に「テストを行ったチームは創造的で、22州の上空を飛んで機体の輪郭を描いた」と認めた。

(8月4日6時51分)

暮らし・話題(8月4日)