国内外ニュース

台風5号、6日に九州接近 豪雨被災地警戒を

 台風5号が接近し、鹿児島県・奄美大島の海岸に押し寄せる波=4日午後  台風5号が接近し、鹿児島県・奄美大島の海岸に押し寄せる波=4日午後  台風5号の予想進路(4日18時現在)  台風5号の予想進路(4日18時現在)
 強い台風5号は4日、奄美大島の東の海上に進んだ。6日夜にも九州に接近、上陸する可能性があり、大雨や暴風、高波に警戒が必要だ。気象庁は、7月の記録的豪雨で被災した福岡県や大分県では、災害が発生する危険性が高まっているとして、早めに安全を確保するよう呼び掛けている。

 台風5号は5日午前0時現在、屋久島の南約140キロで、ほぼ停滞。中心の気圧は960ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から半径110キロ以内は風速25メートル以上の暴風域になっている。

(8月5日1時26分)

社会(8月5日)