国内外ニュース

JT、インドネシアで買収 たばこ会社、1100億円

 日本たばこ産業(JT)は4日、インドネシア6位のたばこ会社と関連卸売企業を買収すると発表した。買収総額は約10億ドル(約1100億円)。インドネシアは世界2位のたばこ市場で人口も増加しており、成長が見込めると判断した。

 健康意識の高まりなどの影響で先進国では、たばこへの逆風が強まる中、JTは新興国への投資を重視。同社として東南アジアでは最大規模の買収となる。

 買収するのは、現地たばこ会社「カリヤディビア マハディカ」と、同社製品の流通を担う卸売企業「スーリヤ ムスティカ ヌサンタラ」。今年12月末までに両社の発行済み株式を全て取得し、完全子会社にする。

(8月4日19時06分)

経済(8月4日)