国内外ニュース

トヨタ、2年ぶり増収増益 北米苦戦、営業利益は減少

 トヨタ自動車が4日発表した2017年4~6月期連結決算は、売上高が前年同期比7・0%増の7兆476億円、純利益は11・0%増の6130億円で、4~6月期としては2年ぶりの増収増益となった。ただ北米で苦戦が続き、本業のもうけを示す営業利益は10・6%減の5742億円と、2年連続で減少した。

 日本や欧州で新車販売が好調だったため、売り上げは伸びた。主力の北米も市場が頭打ちとなっている中で台数は増えたが、販売促進費用がかさんだことなどから765億円の減益要因となった。純利益はグループ企業の業績向上が寄与し、増益を確保した。

(8月4日19時30分)

経済(8月4日)