国内外ニュース

倉嶋厚さん死去、気象解説で人気 エッセーの名手

 死去した倉嶋厚さん  死去した倉嶋厚さん
 NHKの気象解説で親しまれ、エッセイストとしても活躍した元気象キャスターの倉嶋厚(くらしま・あつし)さんが3日午前3時14分、腎盂がんのため死去した。93歳。長野市出身。

 気象庁で予報官として活躍し、1984年に定年退職するまで、予報畑一筋に歩んだ。同年4月からNHK解説委員に就任、ニュース番組「ニュースセンター9時」で気象キャスターを担当。分かりやすく温かみのある説明で人気を集めた。その後、フリーの立場で講演活動などをしていた。

 エッセーの名手としても知られ、天気を通して見た季節の移り変わりを軟らかい文体でつづった。著書に「暮らしの気象学」など。

(8月4日21時11分)

文化・芸能(8月4日)