国内外ニュース

NY株、8日連続最高値 雇用統計を好感、66ドル高

 【ニューヨーク共同】4日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は9営業日続伸し、前日比66・71ドル高の2万2092・81ドルと8営業日連続で終値の過去最高値を更新した。朝方発表された7月の米雇用統計で、景気動向を敏感に映す非農業部門の雇用者数の増加幅が市場予想を上回ったことを好感し、買い注文が優勢となった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は11・22ポイント高の6351・56。幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数は4・67ポイント高の2476・83だった。

 債券市場では雇用統計を材料に米国債が売られ、米長期金利が上昇した。

(8月5日6時15分)

経済(8月5日)