国内外ニュース

台風5号、九州に接近 上陸の恐れ、厳重警戒

 台風5号の予想進路(5日0時現在)  台風5号の予想進路(5日0時現在)  台風5号の5日先予想進路(5日9時現在)  台風5号の5日先予想進路(5日9時現在)
 強い台風5号の影響で、九州南部・奄美地方は5日、非常に激しい雨が降るなど大荒れとなった。6日朝に九州へかなり接近した後、西日本に上陸する見込み。その後は日本列島を縦断するように進むとみられる。速度が遅いため西日本を中心に影響が長引く恐れがあり、気象庁は暴風や高波、土砂災害などに厳重な警戒を呼び掛けた。

 台風5号は5日正午、屋久島の南南西約60キロの海上を、ゆっくりとした速さで北北西へ進んだ。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル、中心から半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。

(8月5日13時26分)

社会(8月5日)