国内外ニュース

米サザン、原発計画は月内に結論 WHに発注の2基

 【ニューヨーク共同】米電力会社サザン・カンパニーは4日、経営破綻した東芝系の米原発大手ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)に発注した原発2基の建設計画を見直すかどうか、月内に結論を出すと発表した。

 別の原発2基をWHに発注していた電力会社スキャナは7月31日に建設断念を発表。サザンも断念すれば、建設中の新規原発は全て中止に追い込まれることになる。

 サザンのトム・ファニング最高経営責任者(CEO)は2日の電話会見で「中止すれば、これまで投入したお金が何にもならない。もし前進すれば、何十年も使える原発ができる」と述べ、完成に意欲を示した。

(8月5日7時50分)

経済(8月5日)