国内外ニュース

パンダ顔のJR特急、和歌山へ 大阪・天王寺駅で出発式

 JR天王寺駅を出発する、先頭車両にパンダの顔がデザインされたJR西日本の特急「くろしお」=5日午前、大阪市  JR天王寺駅を出発する、先頭車両にパンダの顔がデザインされたJR西日本の特急「くろしお」=5日午前、大阪市
 先頭がパンダの顔になったJR西日本のラッピング列車の出発式が5日、JR天王寺駅(大阪市)で開かれ、白浜駅(和歌山県白浜町)に向けて出発した。

 列車は座席カバーや一部の車内の扉もパンダがデザインされた“パンダずくめ”。6日から2019年11月ごろまで、通常の特急くろしおとして京都・大阪と和歌山県南部を結ぶ。1編成のため、運行時刻は日によって異なるという。

 5頭のジャイアントパンダが暮らす白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」が協力して実現した。

(8月5日9時50分)

暮らし・話題(8月5日)