国内外ニュース

北朝鮮の資金源遮断、圧力強化 日本時間6日、安保理制裁採決

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は5日(日本時間6日午前)、大陸間弾道ミサイルを発射した北朝鮮に対する制裁強化決議案を採決する。米国が安保理メンバー国に4日提示した決議案は、石炭の全面禁輸を含め北朝鮮の輸出を大幅に制限し、核・ミサイル開発の資金源遮断を狙った。ICBMの開発進展に米国の危機感は強く、金正恩政権への国際的な圧力を一段と強化する。

 今回の決議案について米国と中国の間で一定の合意はあるもようだ。他方、常任理事国として拒否権を持つロシアは追加制裁に慎重な姿勢を取ってきており、採決時の鍵を握るが、安保理外交筋は採択に自信を示した。

(8月5日18時50分)

国際(8月5日)