国内外ニュース

引退レースでボルト3位 世界陸上、ガトリン12年ぶりV

 世界陸上男子100m決勝、優勝したジャスティン・ガトリン(左)と3位に終わったウサイン・ボルト(右)=5日、ロンドン(AP=共同)  世界陸上男子100m決勝、優勝したジャスティン・ガトリン(左)と3位に終わったウサイン・ボルト(右)=5日、ロンドン(AP=共同)  世界陸上男子100m決勝、3位に終わったウサイン・ボルト(上から2番目、4レーン)と優勝したジャスティン・ガトリン(一番下、8レーン)=5日、ロンドン(AP=共同)  世界陸上男子100m決勝、3位に終わったウサイン・ボルト(上から2番目、4レーン)と優勝したジャスティン・ガトリン(一番下、8レーン)=5日、ロンドン(AP=共同)
 【ロンドン共同】陸上の世界選手権第2日は5日、ロンドンで行われ、今大会を最後に引退する30歳のウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、男子100メートル決勝で9秒95の3位にとどまり、35歳のジャスティン・ガトリン(米国)が9秒92で12年ぶりに優勝した。前回北京大会に続いて決勝に進んだ蘇炳添(中国)は8位だった。

 ボルトは大会通算14個目のメダル獲得で、女子短距離でジャマイカ出身のマーリーン・オッティの最多記録に並んだ。ガトリンはこの種目の最年長王者となった。

(8月6日7時01分)

国際大会(8月6日)