国内外ニュース

安保理、北朝鮮制裁決議 全会一致、石炭を全面禁輸

 北朝鮮への制裁決議採択で挙手するライクロフト英国連大使(左)とヘイリー米国連大使(右)=5日、ニューヨーク(AP=共同)  北朝鮮への制裁決議採択で挙手するライクロフト英国連大使(左)とヘイリー米国連大使(右)=5日、ニューヨーク(AP=共同)
 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は5日、北朝鮮による2回の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受け、北朝鮮に対する米国主導の新たな制裁決議を全会一致で採択した。核・ミサイル開発の資金源を遮断するため、北朝鮮の主産品の石炭や海産物の輸出を全面的に禁止するのが柱で、対象は輸出総額の約3分の1に当たる約10億ドル(約1110億円)に上る。確実に履行されれば金正恩政権にとって大きな痛手となり、北朝鮮側の反発は必至だ。

 トランプ米大統領は5日、決議採択を歓迎し、ツイッターに「北朝鮮に対するこれまでで最大の経済制裁だ」と投稿した。

(8月6日11時16分)

国際(8月6日)