国内外ニュース

首相、防衛大綱見直し必要 「不断の検討を」

 安倍晋三首相は6日、広島市で記者会見し、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射など安全保障環境の変化を踏まえ、2013年12月に閣議決定した防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」の見直しが必要との考えを示した。南西諸島防衛やミサイル防衛の強化、宇宙・サイバーといった検討項目を列挙。「あるべき防衛力の姿はいかなるものかといった観点から不断の検討を行うことが必要だ」と述べた。

 首相は3日の内閣改造に伴い、小野寺五典防衛相に防衛大綱の見直しを指示していた。

 会見で首相は、現在の中期防衛力整備計画(中期防)を継ぐ次期中期防の検討にも言及した。

(8月6日12時41分)

政治(8月6日)