国内外ニュース

奈良・東大寺で「お身拭い」 夏の朝、大仏様きれいに

 奈良・東大寺の「お身拭い」で、大仏の髪や周辺の細部まで入念に掃除する人たち=7日午前  奈良・東大寺の「お身拭い」で、大仏の髪や周辺の細部まで入念に掃除する人たち=7日午前
 奈良市の東大寺で7日朝、本尊の盧舎那仏(大仏)を清掃する夏の恒例行事「お身拭い」があり、台風5号が接近する中、関係者らが入念に「大仏様」にたまった1年分のほこりを払った。

 午前7時、身を清め、白装束に草履姿の僧侶や奉仕者ら約180人が大仏殿に集合。大仏の魂を抜く作法「撥遣」と読経のあと、巨大な膝や手に登り、はたきをかけたり、布巾で拭いたりした。

 高さ約15メートルの大仏の顔周辺や「螺髪」と呼ばれる髪の部分も掃除。ロープにつられた籠に乗った人がはたきを伸ばすと、訪れた参拝者らは「すごい」と驚いて仰ぎ見た。

(8月7日10時20分)

暮らし・話題(8月7日)