国内外ニュース

北朝鮮外相、南北対話に否定的 韓国側とマニラで初接触

 韓国の康京和外相(左)、北朝鮮の李容浩外相  韓国の康京和外相(左)、北朝鮮の李容浩外相
 【マニラ共同】フィリピンでの東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合に出席している韓国の康京和外相と北朝鮮の李容浩外相が6日夜、初めて接触し会話を交わしていたことが、韓国政府関係者の話で7日、分かった。韓国側からの南北対話提案に対し、李氏は否定的な反応を示した。

 韓国の文在寅大統領が5月に就任後、南北高官が直接、言葉を交わすのは初めて。両外相はASEAN地域フォーラム(ARF)閣僚会議前夜の夕食会に出席した際、控室で遭遇し「どちらからともなく」(韓国政府関係者)近寄って握手し、言葉を交わしたという。

(8月7日13時07分)

国際(8月7日)