国内外ニュース

細野氏が地元で民進離党を説明 静岡県連の会合

 民進党静岡県連の臨時常任幹事会に出席後、記者に囲まれる細野元環境相=7日午前、静岡市  民進党静岡県連の臨時常任幹事会に出席後、記者に囲まれる細野元環境相=7日午前、静岡市
 民進党の細野豪志元環境相=衆院静岡5区=は7日、静岡市で開かれた党県連の臨時の常任幹事会で、4日に表明した離党意向について説明した。「(民進党は)解党か再編せざるを得ない」などと述べたという。

 会合を途中で退席した細野氏は記者団に「二大政党制という大きな目標は民進党と同じ。それがどういう姿なのかについての考え方(の違い)だ」と強調した。離党後も静岡5区で立候補することも明らかにした。

 県連会長の榛葉賀津也参院国対委員長は会合後の記者会見で「出席者のほぼ全員が慰留したが意思は固いと思った。見守るしかない」と話した。

(8月7日13時15分)

政治(8月7日)