国内外ニュース

景気動向指数、2カ月ぶり改善 自動車関連が回復

 内閣府が7日発表した6月の景気動向指数(2010年=100)は、景気の現状を示す一致指数が前月比1・4ポイント上昇し、117・2となり、2カ月ぶりに改善した。自動車関連の生産や出荷が、大型連休の影響を受けた5月から持ち直した。

 内閣府は基調判断を「改善を示している」に据え置いた。

 一致指数を構成する指標のうち鉱工業生産指数や耐久消費財出荷指数など5指標が押し上げた。自動車部品のほか、鉄鋼業が堅調だった。中国向けスマートフォンの部品関連も好調だった。

 一方、小売業や卸売業の商業販売額はマイナスに寄与した。

(8月7日16時00分)

経済(8月7日)