国内外ニュース

なにわ筋線「関西に活力」 阪急阪神HDの杉山社長

 インタビューに応じる阪急阪神HDの杉山健博社長  インタビューに応じる阪急阪神HDの杉山健博社長
 阪急阪神ホールディングスの杉山健博社長(58)は7日までに共同通信のインタビューに応じ、傘下の阪急電鉄が乗り入れを検討し新大阪―関西空港のアクセス向上が期待される新線「なにわ筋線」計画に関し「関西に活力を取り込める」として積極的に推進する姿勢を示した。

 新線計画は大阪府市やJR西日本などが合意。阪急は建設中の北梅田駅(仮称)に乗り入れ、阪急十三駅を経由しJR新大阪駅までの新路線を検討している。将来的にリニア中央新幹線や北陸新幹線ともつながる新大阪について、杉山氏は「関西の玄関口としての機能を増していく可能性が高い」と述べ、阪急が乗り入れる意義を強調した。

(8月8日2時06分)

経済(8月8日)