国内外ニュース

サニブラウン、飯塚が準決勝進出 世界陸上、男子200予選

 男子200メートル予選 1組で20秒52の2着となり準決勝に進んだサニブラウン・ハキーム(左)=ロンドン(共同)  男子200メートル予選 1組で20秒52の2着となり準決勝に進んだサニブラウン・ハキーム(左)=ロンドン(共同)
 【ロンドン共同】陸上の世界選手権第4日は7日、ロンドンで行われ、男子200メートル予選で18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)、リオデジャネイロ五輪代表の飯塚翔太(ミズノ)はともに9日(日本時間10日未明)の準決勝に進んだ。

 1組のサニブラウンは20秒52、7組の飯塚は20秒58でいずれも2着となった。ウェード・ファンニーケルク(南アフリカ)は20秒16の3組1着で順当に突破した。

 男子400メートル障害準決勝に臨んだ安部孝駿(デサント)は49秒93の2組5着で敗退し、同三段跳び予選の山本凌雅(順大)も16メートル01で落選した。

(8月8日7時50分)

国際大会(8月8日)